2015/08/08

KZ ATE 購入

Knowledge ZenithのKZ ATE購入しました。また安イヤホンです。

KZの(セール価格で)10ドル程度のイヤホンが中々良いと言うレビューをいくつか読ませて頂いて、とりあえず一つ買ってみようかという気分になり、ED9やED10も良さそうで惹かれましたが、フラット特性(カマボコ、高音よりと言う方も)、解像よし、分離よしという低価格帯では中々見られない文言が並んでいたATEにしてみました。正直なところ見た目に釣られた部分も大きいですが。

注文はAliExpressで

aliexpressで10ドル程度のセール価格、"パッケージ:あり"、"配送:日数"(おそらく出荷の意)が短いセラーを探し注文、シンセン→北京→国内というルートで10日掛かって到着しました。プチプチひと巻で15センチ角くらいの封筒に入れられポストに投函、これでパッケージ割れなしでした。

マイクなしを頼んだのですが、マイク付きが来ました。適当ですね。


シェルは中々綺麗。イヤピはスパイラルドット(L)に2mmほどのゲタを履かせています。

10ドルとは思えない見た目ですが、

半透明のシェルからうっすらと見えるドライバやケーブルの付け根の金属パーツがアクセントになっており、かっこいいです。ただ、金属パーツに横から力が加わるとシェル割れケーブル裂けが起きそうではあります。シェルには合わせ目のエッジが肌に触れないよう溝があったりと、快適な装着感です。大きさは、写真より小さい印象を受けました。(H)18mm x (W)16mm x (T)15mmくらいです。

ですが、の部分で一つ。右を装着したときダイアフラムが変形する音(ネチョ、メリョというような音)が聞こえ、ステム根元の空気孔が抜けて居ないことに気が付きました。左は抜けていたため、おそらく手落ちだろうと(設計だったらどうしよう)、左の音に合わせながら抜けるように改造しました。こういった品質のばらつきがあるのは仕方ないのかもしれません。ちなみにサラッと書いていますが、実はかなり細かい作業です。

空気孔はドライバの前面(耳側)に一つだけなので、音漏れについてダダ漏れではありませんが、問屋DDよりはあります。遮音もほどほどです。

音色はお気に入り

意見が割れているように見えた特性は、自分の感覚ではフラットですかね。問屋DDから変更した直後でも低域が低いところからしっかり中々の量が出ているように聴こえ、高域は低めの高域が多く、それと比べると高めの高域はやや少ない感じはありますが不足はないかなと言うところ。スイープ音でのチェックでも、上下はありますが大きく痩せている音域は無い様に感じられました。

手持ちの2000円以下シリーズ(HJE-150、CE521、問屋DD)と比べて解像感は中々良いです。分離については飛びぬけてますね、段違いです。このイヤホンの特徴をあげるなら「分離がいい」を真っ先に挙げたくなる程です。刺さる様な音はなく、全体的に優しい音色です。この音色は気に入っています。

※イヤーピースはスパイラルドット、PCはXonarDGX、スマホは205SH。イコライザ不使用。PCの方が良い音に聴こえます。

おすすめ

問屋DDと違い、何でも優しく綺麗な音に聴こえるため「イヤホンは一本だけ!高いのは無理!イイやつ頂戴!」と、無理なことを言う人に勧めたい一本ではあるんですが、手に入れるまでが少々面倒。装着感はいいものの、SHURE掛けはつけ難い。品質にばらつきがあるかも。となると、また安イヤホンマニア向けということなのか…。音色も、この方向性だと上位機種が沢山在りそうなんですよね。

8/13 追記

Aliexpressでよく見かけるシリコンイヤーフックも購入。想像以上にやわらかい。残念ながら、つけ難さはあまり変わらなかったですね。ただ、横になったとき、耳から外れにくくはなりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿